入学祝いにランドセルを贈ろう|女の子に人気のデザインを紹介

記事一覧

お祝いの相場はいくら

赤ちゃん用品

いくら包めばよいのか悩む

20歳代半ばを過ぎれば、家族や親戚、同僚などの中で赤ちゃんが産まれ、出産祝いを贈るということも増えてきます。その度に、いくらくらい包めばよいのか、品物だったら何が喜ばれるか、悩むことも多いでしょう。出産祝いの金額に明確な決まりがあるわけではありませんが、失礼にならない程度の金額は入れておきたいものです。まず、自分の子どもが出産した場合。5〜10万円ということが多いようです。ただ、里帰り出産をする人も多くいます。その場合は、しばらく娘や赤ちゃんのお世話をするということになりますので、食事などの滞在費がかかります。ですから、それを出産祝いの代わりにするということもあります。次は兄弟姉妹の場合です。おおむね1〜3万円ということが多いようです。親戚の場合も付き合い具合にもよりますが1〜3万円ということが多いようです。一般的に偶数は演技が悪いとも言われますが、4万円(死を連想する)や9万円(苦を連想する)でなければ、今はそこまで気にする時代でもありませんので、2万円でも差支えないでしょう。しかし、中には気にする人もいるので、そこは日ごろのお付き合いの中で判断した方が良いです。職場の仲間の場合は、上司からは個人的に、部下からは何人かでカンパするような形で出産祝いをすることが多く、5千円〜1万円程度が一般的です。やはり金額は若干少なくなりますので、これにプラスして品物を渡す方法もあります。口に入れても大丈夫なおもちゃや絵本などが喜ばれるでしょう。もちろん、出産祝いは気持ちのものです。あんまり杓子定規にとらえる必要はありませんが、少し参考にしてみてください。